遊牧民のごとく各地をふらふら、しばらくはシドニー定住予定。

タイガー家のあれこれ

おいしいもの オーストラリア

イイ肉の日をすっぽかしてしまった話。ローストポーク・クラックリング

投稿日:

 

11月29日はイイ肉の日。
それなのに、うっかりベジタリアン豆カリーを夕食に準備してしまったヘルシー志向の私。

 

本日、11月30日はイイ肉の日のリベンジとしてFreerangeにオーガニックポークベリーをスーパーで買って来ました。

お店でお肉を選んでいるときには和風か中華風の角煮にするつもりだったけれど、明日から師走だわ〜なんて考えながら家に向かっていると、頭の中が一気にクリスマスモード。

11月(ギリギリ)なのにクリスマスのことを考えちゃうだなんて、私も随分とオージー化したものだな〜なんて思いつつ、クリスマスディナーによく登場するローストポーク・クラックリングが食べたくなってしまったんです。

急遽、角煮→ローストポークへ変更

クリスマスディナーに登場すると言ってもマストアイテムではなく、
ターキーやハムの陰の人気者的な存在。

でも、個人的にはターキーやハムよりも好きですね。私が豚ちゃん好きということもありますが、ターキーってちょっとパサパサしていますから、ターキー焼くならチキンかポークがいいな。

それはさておき、ローストポーク・クラックリングですが、ポイントはカリカリ、サクサクポーク皮!
これをガチガチじゃなくてもサクカリに仕上げられるか調理手の腕の見せ所。
この手のロースト系って結構男性の方が上手だったりするんですよね知り合いの旦那様なんかはプロ顔負けのローストポーク焼けるんです。素晴らしいですよね。

ポイントは仕上げの段階で、高温で皮をしっかり焼くこと。
皮にしっかり塩をして余計な水分を出しておくことも大切な下準備です。

さてさて、私が選んだお肉はポークベリー、バラ肉の塊。
脂が多いので他の部位の方が個人的には好みですが、今日はどうしてもローストポークが食べたい!笑

ローストの仕方がポイントです。
今回は1.2キロの塊なので火の通りを良くするために半分に切って、満遍なく塩をして3時間。
今回はマリネ後すぐに焼きに入りたかったので常温放置しました。

クッキングペーパーでトレイを2つ作ってお肉を中にセット。

<焼き工程1>
オーブンが170度に予熱できたら30-40分焼きます。
今回はバラ肉で平らなので30分で。

<焼き工程2>
30分後、お肉を取り出したら皮に油を塗っておきましょう。
お肉は網に乗せた状態でオーブン230度(お肉が大きめなら220度)で15-20分ローストします。
この時、大量の脂が肉から落ちるので油受けを網の下に敷かないと片付けが大変になるので気をつけて。

豚の皮が高温で膨らんでポンポン破裂音を出すので、面白いです٩(^‿^)۶

<焼き工程3>
15分後、ダンボールとかアルミとか挟んでオーブンのドアを少し開けて蒸気を逃しながら更に5-10分ローストします。
サクサクカリカリに仕上げるポイントですね!!

最初の工程1でお肉には火が通っているので、工程2と3で仕上げるイメージです。

小さめのお肉ならサンデーローストに!ロールした肉で作るとパーティーとかにぴったりです!

Be happy!

Be happy!

-おいしいもの, オーストラリア

Copyright© タイガー家のあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.