遊牧民のごとく各地をふらふら、しばらくはシドニー定住予定。

タイガー家のあれこれ

日常生活 皮膚炎・アトピー

蜂の恵み、万能蜜蝋クリーム

更新日:

はじめに

若い頃から、お金をかけたほうがお肌にいいと思っていたけれど、蜜蝋クリームに出会ってからその考え方が180度かわりました。Simple is best.

材料はたった二つ。ここでは蜜蝋クリームについて、レシピを交えて書いていこうとおもいます。

 

高価なものはお肌にいいもの?

高級な化粧品、ブランドの化粧品、天然やオーガニックを謳った化粧品などなどお肌のお手入れとなるとさまざまな選択肢があって、どれが自分の肌に合うか分からないこともしばしばあります。

化粧品売り場のカウンセリングに行けば、保湿やら毛穴の引き締め成分や美白成分の説明を受けていると、部分落とし用の洗顔料から化粧水、美容液、クリームまで化粧品のフルコースをオーダーしてしまうことも。

私自身、若い頃から敏感肌でドラッグストアで売っている化粧品でよくかぶれることがあったため、二十歳前後の頃から資生堂さんのお高いコスメのお世話になっていました。

「収斂化粧水の効果で肌を引き締めて潤いを逃がさないようにしましょう」とカウンセリングでアドバイスされて効果があるのかも分からずに使っていました。今考えると高いもの、ハーブや漢方といったナチュラルなエキスが使われているからお肌にいいはずだという自己満足だったといえるかもしれません。

 

蜜蝋クリームとの出会い

いよいよ、肌の炎症と乾燥が慢性化してヴァセリンすら塗れなくなったとき、この蜜蝋クリームに出会いました。肌へのなじみ具合、保湿力といい今まで出会ったどのクリームよりも圧倒的に効果を感じることできました。

石油成分由来NG、保存料NG、アーモンドオイルNGとなったとき、もう市販のクリームでは対応しきれなくなっていた、私の肌にとってはまさに救世主そのものでした。

 

蜜蝋とは

蜜蝋とは、ミツバチの巣を形作っている蝋が原料になっているのです。

もともと蜜蝋自体は透明だけれど、花粉や排泄物が混じって黄色身を帯びた色をしています。未精製のもはこのオリジナルの状態のものをいいます。また半分ほど精製したものや、白くなるまでしっかり精製したものなど精製度合いによって種類があります。

蜜蝋というとキャンドルや艶出しワックス、クレヨンなどを連想するかともいるかもしれません。もちろんそのような用途にも使われているのも事実ですが、高温で溶けて液状になるが、60度以下では固形という性質から、凝固剤のような働きをして肌に直接塗るクリームなどにも利用することができるのです。

 

 

どの蜜蝋がいいの?

では、精製と未精製の蜜蝋はどちらがいいのでしょうか?

一般的に未精製のものには花粉が含まれているので、花粉症がある人は避けたほうがいいといわれています。また、1歳未満の子どものスキンケアにはボツリヌス菌のことが心配ですので避けたほうが賢明でしょう。

また、未精製のものは特有の香りがあるので、この香りが気になるようなら精製済みをお勧めします。

 

とくに上記の問題がなければ、精製でも未精製でもクリームを作ったときのできあがりに差は出ないのでどちらでもいいと思います。もちろん、真っ白なクリームに仕上げたかったり、あとから顔料で色付けして口紅やチークに利用したいばあには発色のことを考慮すれば精製済みのほうが良いといえると思います。

 

 

 

蜜蝋の効果は・・・

蜜蝋が何かは分かっていただけたと思います。では、その蜜蝋には何か効果が期待できるのでしょうか。蜜蝋は英語でBeeswaxといわれており、ワックス効果から保湿が高いことが知られており、この他にも、蜂蜜にも知られている抗炎症効果や抗菌効果があると言われています。

もちろん薬品ではないので、抗菌作用や抗炎症作用も緩やかな効果が期待されますので、ステロイド剤のように炎症を一気に押さえ込む効果は期待できませんが、軽い炎症ならば効果を発揮してくれることでしょう。

 

蜜蝋クリームのレシピ

 

蜜蝋クリームはベースになるベースオイルと蜜蝋の二つの材料があればできてしまう、とてもシンプルなクリームです。

このレシピでは、マカダミアナッツオイルとココナッツオイル、オリーブオイルをそれぞれベースオイルに使ったレシピを紹介したいと思います。

イメージとしては、オリーブオイルが万人受けするクリーム、マカダミアナッツオイルが敏感肌ようのクリーム、ココナッツオイルが敏感肌+SPF15相当に日焼け止め効果の期待できるクリームといえます。

 

レシピは蜜蝋〇gあたりオイル〇gといった表記になりますが、これは蜜蝋の量を減らせばやわらかく、また増やせば固めのクリームを作ることができます。

リップクリームのような固形に仕上げる場合にも蜜蝋を増やすことで調節できます。

 

ベースオイルオリーブオイルマカダミアナッツオイルココナッツオイル
オイル(g)101010
蜜蝋(g)232

 

マカダミアナッツオイルはオリーブオイルよりも固形になりづらいようで、同量の蜜蝋ではクリームが柔らかくややオイリーな仕上がりになってしまうので、マカダミアナッツオイル10gに対して蜜蝋3gでオリーブオイルベースのクリーム(オイル10g&蜜蝋2g)と同じテキスチャーに仕上がります。

ココナッツオイルは24度でオイルが液化する性質があるため、夏場ならきちんとオイル10gあたりに蜜蝋2gを加えないとゆるい仕上がりになってしまいます。逆に冬場ですと、ココナッツオイル自体が固まっていますので、蜜蝋の量は少なめでも大丈夫ですが、室温が24度越える場所では注意が必要です。

ココナッツオイルのクリームはココナッツオイル自体にSPF15程度のUVカットをする性質があってよい反面、できあがった蜜蝋クリームが室温で緩む、つまりココナッツオイルが溶けると、再度固まったとしてもザラリとしたクリームになってしまいます。もちろん体温なじませれば溶けるので効果としては問題はありません。

 

蜜蝋クリームの作り方

 

用意する道具は耐熱性の容器とその容器が入る湯銭用の鍋。

それと割り箸。

 

1.容器にベースオイルと蜜蝋を入れたら、お湯をはった鍋につけて湯銭にかけながら、鍋をコンロであたためていきます。ぐらぐら煮立てると危ないので、鍋のお湯が沸騰したら弱火にしてくださいね。

2.蜜蝋が溶けたら湯銭からあげて、冷まします。(必要があれば混ぜてください。)

 

ちなみに、私はジャムの空き瓶を利用しています。そうすればこのままクリームを保存できますから、余計な洗物を増やさなくてすみます。蜜蝋クリームはオイルだけでなく蝋が含まれているので普通の洗剤では完璧には綺麗にならないので、食品を入れる容器では溶かさないほうがいいでしょう。もちろん口に入れても安全なものですが、わざわざ摂取する必要はありませんからね。

 

できあがった蜜蝋クリームは市販のクリームケースに流し込んで固めれば、持ち運びも簡単です。

 

 

次回は

蜜蝋クリームのバリエーションについて書いてみようと思います。

 

Be happy!

Be happy!

-日常生活, 皮膚炎・アトピー

Copyright© タイガー家のあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.