海外在住者はみんなしている?子どもをバイリンガルにする3つのポイント | タイガー家のあれこれ

遊牧民のごとく各地をふらふら、しばらくはシドニー定住予定。

タイガー家のあれこれ

バイリンガル(英語)育児 育児

海外在住者はみんなしている?子どもをバイリンガルにする3つのポイント

投稿日:

英語の重要性

グローバル社会という言葉が一般化して、ようやく小学校でも英語教育がスタートしました。なぜ日本はここまで遅れてしまったのか・・・やはり日本語だけでも苦労せず生活ができてしまうからでしょうか?

 

私たちの親世代では英語を話せるとエリートになれる時代でした。私たち子育て世代の時代は英語を話せると有利だといわれていた。

では、私たちの子どもたちの時代はというと、英語を習得できなければ取り残されてしまう。そんな時代の流れです。

でも、こういった流れは欧米ではとっくの昔から始まっており、二ヶ国語は当たり前。三ヶ国語以上を巧みに操るマルチリンガルというひとも珍しくありません。

日本ではバイリンガルというとものすごく努力が必要と思われがちですが、それほど難しいものではないのです。

 

是非、固定観念は捨てて気軽にバイリンガル育児に取り組んでみましょう。ここでは、海外在住者がやっている3つのポイントについて取り上げてみたいと思います。

 

3つのポイント

ポイント1:2歳までに外国語(英語)に触れさせる。

子どもが意味がある言葉を発するのは1歳半前後が一般的です。話さないから分かっていないのか?子育てをしている方なら分かると思いますが、言葉にできなくても子どもたちは人が話している言葉をきちんと理解しています。2歳までに日本語とは違う音(言葉)に出会わせてあげることは、その後その子が別の言葉を習得していく上でとても大きな役割をになっています。

 

実際に、オーストラリアでも家庭で二ヶ国語以上の言葉を使っている家庭に対しては、二歳までにどんどん言葉を聞かせてあげるように指導されています。

 

赤ちゃんは、これは英語、これは日本語、これは中国語といったように区別しているのではなく、全部を『言葉』として抵抗なく吸収することができるのです。

 

私の知り合いの体験談によると、彼女はアメリカで2歳前後まで過ごして日本へ帰国したとのこと。中学生になって英語を学校で学んだところ、英語の発音がすんなり耳に入ってきたらしく、ヘアリングに関しては特に苦労はしなかったとのこと。特に日本人が苦労するといわれている『RとL』の発音に関しても、最初から違って聞こえて発音の使い分けもできたということですから、二歳前後までにその言語の持っている音に出会わせてあげることがいかに大切かわかりますね。

 

逆に、小さなころに英語の音に慣れ親しんでいないと、全く知らない言語であるため『分からない』と拒絶反応をしてしまう場合もあります。

 

ポイント2:毎日の生活で日本語の時間と英語(違う言語)の時間を作る。

英語の時間を作るという、英会話スクールに行かせるべきかと思う方もいらっしゃいますが、まだ赤ちゃんをせっせと英会話スクールに連れて行くのはあまり意味がないですし、お金ももったいないです。

 

では、どうやって英語の時間をとるかというと、具体的にはお母さんもがんばって英語を話してみましょう。別に難しい文章である必要はありません。だって良く考えてください。

日本語で赤ちゃんと話すときにそんな高度な文法や単語を使って会話をしようとしますか?せいぜい『空が青いわね~』とか『いい天気ね』、『おなかすいたね』、『今日はおばあちゃんが来るよ』とかその程度じゃないですか?

 

英語をしゃべる外国人だって、子どもと話すときはその程度の内容ですから、なにも不用意にビビッて構える必要はないのです。

 

まずは、『Good morning』『Are you hungry?』 『It is fine day!』程度の中学一年生の四月レベルの英語で十分なんです。

そして、できれば一日のうち、1-2時間、たとえば朝10時からお昼まで見たいな感じで、英語の時間を作ってあげてください。

 

具体的にどんな風にこの時間をすごせばいいかは別記事で紹介しますね。

 

ポイント3: お母さんも英語で話してみる。

これはポイント2と重なる部分もありますが、中にはお父さんが外人だから自分は日本語オンリーというスタンスの方もたまにいますが、やはり一番信頼している身近なお母さんが使う言葉に子どもは一番反応を示すものです。

上に書いた程度の英語で結構なので、毎日の中で是非取り入れてください。

 

3つのポイント+α

それは言葉を必ずセットにして子どもに話しかけるということ。これは個人的に効果が絶大だと思う方法なので是非参考にしてください。

どういうことかというと、具体的には、

『あそこに鳥がいるよ』と日本語で言った直後に、『There is a bird.』という英語をセットにして続けて言うようにします。

『おなかすいた? Are you hungry?』といった具合です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

英会話スクールへいれたり家庭教師を雇ったいり、はたまた日本ではバイリンガルにできないと嘆く必要はないのです。まずは、赤ちゃんの頃から外国語の耳なり感覚を持てるように、お母さんとお父さんが少し努力をするだけ。

新生児の頃から繰り返していると、言葉を発する頃には両方の言葉を獲得していることに気がつくでしょう。もちろん2歳を過ぎていてもまだ間に合うので、是非お試しくださいね。

Be happy!

Be happy!

-バイリンガル(英語)育児, 育児

Copyright© タイガー家のあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.