遊牧民のごとく各地をふらふら、しばらくはシドニー定住予定。

タイガー家のあれこれ

おいしいもの 子どもたち 日常生活

おみやげはストロベリー

更新日:

イギリスへ着いたばかりの先月はまさにベリーの真っ盛りで、スーパーでも売れ残りのベリーたちが安く売られていたこともあり、見切り品なのに形も綺麗だったので喜んで買っていました。

今もまだまだベリーは時期ですが、恐らく最盛期は過ぎたようで見切り品売り場に置かれるベリーもだいぶ減ってきて、それもベリーからここのところ遠ざかっていました。

 

イギリスへ転勤して以来、主人の仕事はとても忙しくて毎晩帰りが遅いです。

高緯度で陽が長いのを言い訳に、子どもたちも最近は10時過ぎまで起きてお父さんの帰りを待つようになりました。

お父さんが遅い時間の夕食を食べていると決まって、おにぎりをよこせだの、もっと食べたいだの言って夜食をせがむので、

まー仕方がないということで、健康はさておき夜中に食べさせています。

 

主人も家族とゆっくりすごせるつかの間ということで、どうもこの時間をとても大事にしているようで、たまにうっかり子どもが寝てしまうとちょっと残念そうな様子です。

それもそうですよね。

朝は寝顔を見て出かけて、帰ってからまた寝顔を見るだけじゃ、つまらないでしょう。

子どものほうも、お父さんとのこの夜食の時間が楽しみなようで、長女にいたっては『お母さん、今日はおにぎりをお父さんと食べようね!』と夕方から’おお張り切りです。

 

 

鍵の音がすると、長女も次女も一目散にドアめがけて走っていて、ドアが開く前からきゃーきゃー騒いで歓迎モード。

昨日もいつもどおり、お父さんの帰りをそわそわ待っていると、九時半ぴったりにドアが開いてお父さんが顔を覗かせました。

 

その手には『イチゴ』。

 

袋に入っていない、イチゴの入った容器を長女は掴んでうれしそうに走ってきました。

イチゴの容器を手で持ってバスに乗って帰ってきた主人の姿を想像してちょっと笑ってしまいます。

袋に入れてもらえばいいのにと思ったけれど、日本と違って細かいことは気にしない国ですし、たった1つの容器を運ぶのに、袋をもらうのも馬鹿馬鹿しい話かも知れません。

 

 

主人はイチゴをMarks & Spencerで買ってきたようで、大粒でおいしそうなイチゴがごろごろと入っていました。

 

 

みんなで大きなイチゴをほおばりました。次女にいたっては自分のこぶしくらいの大きなイチゴを3つも食べて、どうやったらこんなに小さな体に収まるのか不思議に思うくらい。

時間はもう22時でしたが、たまにはこんな贅沢もいいでしょう。

 

おいしかったな・・・今日も”おみやげ”買ってきてくれないかな・・・笑

 

 

 

Be happy!

Be happy!

-おいしいもの, 子どもたち, 日常生活

Copyright© タイガー家のあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.