遊牧民のごとく各地をふらふら、しばらくはシドニー定住予定。

タイガー家のあれこれ

おいしいもの 独り言

ニーダを買いたい

更新日:

今日も雨のイギリスのデボン州です。

先週は暑くて本当にイギリスへ来たのか?それとも私はまだオーストラリアにいるのか混乱してしまうほどでしたが、昨日に至っては正午過ぎから気温がガクッと下がり、思わずセントラルヒーティング(イギリスの暖房)をONにしてしまったほどです。

おかげで洗濯物はしっかり乾いて、次女の布オムツもアイロンで乾かす必要がなくて助かりましたが・・。

6月の末に暖房だなんて、ニュージーランドに長く住んでいた友人がNZでは夏でも暖房が必要だと言っていたことを思い出してしまいました。

 

さてさて、

パンを焼き始めたのが、2012年8月で、10月にはホームベーカリーを買って、私のパン焼きがスタートしたわけですが、

実は当初から欲しかったのはニーダだったんですよね。

でもニーダって捏ねるだけなのに結構お値段しますし、ホームベーカリーのほうが断然安かったので、ホームベーカリーにしたわけです。

 

ホームベーカーリーですから、当然焼く機能がついているわけで、それはもちろん便利なのですが、やっぱり自分で作り出すとイーストの量だとか生地のレシピだとかアレンジしたくなるですよね。そうするとホームベーカリーの発酵機能では発酵不足になってしまったり、または夏だとか発酵になってしまうこともしばしば。

もちろん粉を冷やして氷水で生地を仕込むなど工夫をすればいいのでしょうが、機械のプログラムに合わせてパンを作るというのが嫌だったし、ホームベーカリーのプログラムで焼いたパンって焼きたては良くても、やっぱりものたりないというか・・・

 

ですので、ホームベーカリーはあれど、捏ねる機能しか使っていないのが現状です。

 

特に冷蔵庫で低温発酵させる方法や微量のイーストでじっくり発酵時間をとるようにパン作りをきりかえていくとパンを焼くことが楽しくなってしまっていろいろと条件を変えたりしながら楽しんでいます。

 

ニーダに格上げしたいが・・・

 

ここで気になってくるのが、ホームベーカリーに別れを告げ、ニーダへステップアップするか否かということ。

きっとニーダのほうが生地の出来がいいんだろうなとか、もっとふんわりしたパンに焼きあがるのではないかと妄想が膨らみます、

ただ、電化製品がなんでもすぐ故障するオーストラリアで買ったはずの、我が家のホームベーカリーですが、4年たった今も健在なんです。

厳密には、捏ねている最中にヒーターが異常に熱くなったりするので壊れかけてはいるのですが、低温発酵派の私としては多少生地温度に昇温があっても冷蔵庫で冷えるからいいかな~と気楽に捉えています。でも火事になったら困るので、そろそろ買い替えの時期かも知れません。

 

ニーダーもレディースニーダとか種類も多いし、どうせならパンだけでなくうどんやパスタも作りたいですから、この辺も含めて機種を選びたいところです。

幸運なことに家庭用のニーダは種類もホームベーカリーほど多くないので、後はモーター内臓か外付けかなどで温度の管理をどうするかによるかと思います。

 

ま、それ以外にも、イギリスに住んでいるので現地で購入できそうかなども大切な要素にはなってきますが。

 

 

昨日焼いたパンのお披露目・・・不恰好ですがご愛嬌。

 

めざすは生食パン風

 

 

昨日焼いたパン。

オーブン内で焼ききらず、余熱でちょうど良く焼けるのをめざしてみました。

完全に焼ききらない状態でオーブンから出してしまうので腰折れを心配しましたが、今回は免れました。

おかげでしっとりふわふわの焼き上がりです。

 

ただ、思ったよりも釜のびしてオーブンの天井に急接近・・・パンの焼き色は薄めが好みの我が家基準としては焼きすぎ感が否めませんが、生食パン風に仕上がったので良いとしましょう。

 

最近ブームの生食パン風の食パン。

本物は食べたことはないので分かりませんが、きっとこんな感じなのではと想像力を働かせて焼いてみました。

イギリスではパンは安くておいしですが、ふんわりしっとりを深追いする日本人が虜になる『生食パン』が気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Be happy!

Be happy!

-おいしいもの, 独り言

Copyright© タイガー家のあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.