遊牧民のごとく各地をふらふら、しばらくはシドニー定住予定。

タイガー家のあれこれ

おいしいもの レシピアイディア 日常生活 独り言

西洋野菜の昆布だしの和風スープ。ご飯のとろみとごま油が決め手♪

更新日:

我が家で人気の野菜スープ

私は子どものころから父と母が『ポトフ』とか『ボルシチ』と呼ぶ食べ物が好きでした。野菜から出た出汁がスープに溶け出してほんのり甘くておいしい。でもそれは本場の味ではなく、父と母が自己流にアレンジした『野菜スープ』だったように覚えています。

大人になって食べた本物の『ボルシチ』には真っ赤なビーツやパースニップが入っていて、食べ慣れた『実家のボルシチ』とは異なれど、野菜の甘さが絶妙で私の大好きな食べ物となりました。

そんな私の味覚を受けついでいるのか、我が家の娘たちも野菜スープが大好物。塩で味付けする前のスープが特に好きなようで、よくせがまれます。

 

今日はそんな彼女たちの大好きな西洋の根菜をたっぷり入れたスープを和風に仕上げてみました。

とろみには小麦粉ではなく、炊いたご飯を使うのでお米からの甘味も手伝って優しい味のスープに仕上がりました。

 

 

西洋野菜の根菜スープ

日本ではあまりメジャーでない野菜にスウェードやパースニップがあると思います。

スウェードは蕪の仲間ですが日本の蕪よりもでんぷん質で加熱するとホクホクした食感になり、味をよく含むのが特徴です。

パースニップは白い人参のような姿格好から白人参と呼ばれたりしますが、加熱するとこれもまた甘味がまして、ホクホクとした食感に変わり、ローストしてもマッシュにしても、またポタージュにしてもおいしい野菜です。特に栗とパースニップのポタージュは格別です。

 

今回は、セロリ、人参、スウェード、パースニップ、マッシュルーム、たまねぎを大目のごま油でしっかり炒めた後にご飯を加えて、

昆布ベースの和風だしで煮て、塩をお醤油でそしてスープの仕上げにソラマメとベビーほうれん草を加えました。

 

 

 

炒めることで野菜のコクが出て、更に昆布の旨味が加わってとってもおいしいスープになりました。

子どもたちも大喜びでした。

 

 

意外な組み合わせが『意外とおいしい』。

海外にいると、食べなれた日本の野菜や魚介類、お肉になかなかめぐり合うことができません。

もしあったとしても、鮮度が悪かったりコストが高かったりと完全な日本食を作り続けるのはなにかとハードルが高いのが現実です。

そんなときは、どんどん日本の味と西洋やその他の国の食べ物を組み合わせていってみてください。

私はこんな風に新しい味を探求していくことが楽しくていろいろと取り入れて楽しんでいます。

味噌にココナッツミルク?味噌汁にトマト出汁?ピーナッツバターに醤油とトマト?

目指すは『おいしい発見』!

是非、自分の味を探してみてください(^^)

 

 

Be happy!

Be happy!

-おいしいもの, レシピアイディア, 日常生活, 独り言

Copyright© タイガー家のあれこれ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.